Title 国内外国人学校教員対象韓国理解増進セミナー
Date 2020-11-30 Views 110
Attachment

韓国学中央研究院国際交流処韓国パロアルリギ(韓国を正しく紹介する)事業室 では、2020年11月12日(木)「国内外国人学校教員対象韓国理解増進セミナー」を開催した。

 

今回のセミナーは、国内の外国人学校(外国教育機関を含む)教員の韓国に関する理解の増進と認識改善目的のために開催され、新型コロナウイルス感染症により、国内の外国人学校側発表者と討論者は対面方式で参加し、その他の教員はオンラインプラットフォーム(ZOOM)を活用して参加した。

 

セミナーは、ハム・ヨンギ教育部教育課程政策官の開会の辞、本院国際交流処チョ・ユンヒ処長の歓迎の辞で始まり、チャン・ウォンソク韓国パロアルリギ事業室室長の司会で、国内の外国人学校の授業資料、韓国関連授業の現状と拡大方略などをテーマに発表と討論が行われた。

 

国内の外国人学校側発表者のJesica de la Oソウル国際学校教師は、8年生の世界史の授業に韓国の檀君神話を融合する方法を模索して教案を作り、韓国の歴史と文化を学生に教える教授法を共有し、ソウルフランス学校のRiad REZZIK教師は、経済と社会科目に韓国関連コンテンツを教える方法について具体的な事例とともに「The BiBimBac Project」で紹介した。ソウルフランス学校のPatrice Germain教師は、ソウルフランス学校の歴史-地理の授業で韓国に関する内容を増大させる方法について議論し、現在フランス社会科教育課程では韓国関連の内容が含まれていないが、教師の裁量権と自律性が高いため、韓国について教える余地は十分だという意見を明らかにした。

 

韓国側発表者には、韓国パロアルリギ事業室のキム・ダヒ研究員がアメリカ教科書内の韓国について間違った事例や歴史-社会教育課程に基づいて世界史の授業に韓国を効果的に適用できる方略についてアイデアを共有し、韓国パロアルリギ事業を通じたアメリカの教科書改善の成果を紹介した。

 

一方、ソウル龍山国際学校のRobert Southard教師は討論者として参加し、ソウル龍山国際学校で行われている韓国の歴史、文化、教育の現状について共有し、発表者の発表についてさまざまな意見を提示した。また、ソウル国際学校のTim Gardes司書も2番目のセッションの議論をリードし、主にソウル国際学校の図書館で行われる多彩な韓国文化の拡散活動についての情報を提供した。

 

その他韓国関連の講演では、培材大学Jocelyn Clark教授が、韓国の伝統音楽である国楽について、北東アジア歴史財団独島研究所のチェ・ウンド所長は東海・独島表記関連した韓国地理について講義する時間を設け、参加者が興味を見せるテーマの質疑応答を行う時間を持った。

 

今回のセミナーを通じて、国内の外国人学校の社会科教材制作、社会科カリキュラム開発に参加する教師など教育専門家の韓国への理解を深め、教科書改善活動の基盤を設ける時間を持った。加えて、国外だけでなく国内の外国人学校教員との人的ネットワークを強化し、今後外国の教科書にある韓国関連の内容に対する改善、増・新設のために相互に協力していく方向を共に模索する有意義な時間を設けた。

TOP